2017-09-23

PETIT FANTOME: Un Mouvement Pour Le Vent






ビーチ・ボーイズを思わせるメロとコーラス、メトロノミー的なシンセや電子の仕掛けとフレンチタッチのポップ・センスをアンニュイなフランス語詞とミックスした独自のサイケデリック・サウンドでネクスト・ブレイクが期待されてきたフランスの新人プチ・ファントームがパリの名門ビコーズ・ミュージックからついにアルバム・デビュー!
















PETIT FANTOME: Un Mouvement Pour Le Vent
Because Music / ritmo calentito (RTMCD-1285)


1. Quelque Chose A Eu Lieu
2. Elle S’Abîme
3. Je M’Abîme
4. Easy Come Easy Go
5. Libérations Terribles
6. Ma Naissance
7. Tu Ressembles à l’Orage
8. Ne Nous Lâchons Plus
9. Comment Vous Atteindre!?
10. Vivons Cachés
11. Game Over


■ ドミノ・レーベルの英仏混合バンド、フランソワ&アトラス・マウンテンズの一員としても活動していた、現在は南フランスのボルドーを拠点とするSSW/マルチ奏者のピエール・ルストノーによるひとり宅録インディー・プロジェクト、プチ・ファントームがアルバム・デビュー!


■ プチ・ファントームは、2010年代前半から多くの楽曲をネットでセルフ・リリース、「ビーチボーイズ」x「メトロノミー」x「ドゥー・メイク・セイ・シンク」x「ノーツイスト」などと例えらえたユニークなサウンドが話題となり、フランスのインディー・シーンで注目を集めていたネクスト・ブレイク・アーティストです。


■ その待望のデビュー・アルバム『Un Mouvement Pour Le Vent』は、10年代マナーのシンセ使い、オルタナ感あふれるギター・サウンド、ノスタルジックな泣きメロやソフトタッチなサイケデリアを絶妙なバランスでミックスしながら、エールやフェニックス以来のお家芸とも言えるフレンチタッチのモダン・アップデートを試みた野心作。


■ 疾走感あふれるオープニング・ナンバーの①「Quelque Chose A Eu Lieu」の淡いコーラス2秒で爆死確実!ビーチ・ボーイズ直結な④「Easy Come Easy Go」やシングル曲⑤「Libérations Terribles」、⑥「Ma Naissance」ほかキラーを満載。ベース・ミュージック以降のクラブ感を取り込んだ③「Je M’Abîme」や、エールの手掛けたサントラ曲かと錯覚しそうなインストの⑪「Game Over」あたりの変化球もスバラシイ!


■ メトロノミー、ジャンゴ・ジャンゴ、ジャスティスからクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズまで、エッジのきいたクセのあるポップ・アクトを多く手掛けるパリの名門ビコーズ・ミュージックからのリリース。




2017-09-18

WANGEL: Reasons






サン・キル・ムーンを思わせる哀愁漂う枯れ歌ムードやライ~シャーデーが憑依したかのごとき抑制をきかせたスロウ・グルーヴのミラクル・ミクスチャーが炸裂!


秋の夜長に優しく寄り添うハートウォーミングなリスニング・サウンドを武器に北欧デンマークで急浮上したメランコリック・ポップ新鋭「ワンゲル」が日本上陸。















ワンゲル/リーズンズ

WANGEL: Reasons
Playground Music / Wordandsound / ritmo calentito (RTMCD-1284)


01. Together
02. Reason
03. Crashed Into A Satellite
04. Emotion Pill
05. My Love Is Better
06. Faith
07. Curious Talk
08. What Do I Say To You Now
09. Silent Drum
10. My Father 061053


■ 2016年にアルバム・デビューしたばかり、ボーカリストのピーター・ワンゲルとプロデューサーのキャスパー・レオンハルトという二人のデンマーク人からなるデュオ・ユニット、ワンゲルのセカンド・アルバムが早くも完成!


■ サン・キル・ムーンを思わせるイブシ銀の低声&哀愁漂う枯れ歌ムード、どこかライやシャーデーが重なる抑制をきかせたスロウ・グルーヴをミックスした特徴的なサウンドを武器にデンマークのポップ・シーンで急浮上、ロックやクラブ、R&Bなどのジャンルを越え幅広い支持を集めている注目新人です。


■ 前作に続いて再び、エイス・オブ・ベイスやイーグル・アイ・チェリーらを擁する北欧の名門「Playground Music」からのリリースとなるこの『Reasons』は、リアーナとジェイ・Zのコラボをヒントに作られたというビート強めなM④「Emotion Pill」やキラメキいっぱいのシンセ・ポップなM⑦「Curious Talk」などのダンス曲をアクセントに据えつつ、先行シングルのM②「Reason」やM③「Crashed Into A Satellite」、ハチロクのリズムがジワリ染み入るM⑥「Faith」ほか、彼らのトレードマークとも言える耽美的で内省的なメランコリック・サウンドに一層の磨きをかけた飛躍の一枚。


■ いかにも北欧らしいメランコリックでエモーショナルなムードが満開、秋の夜長にリピート必至のリスニング・アルバムです。


https://www.facebook.com/wangelmusic/





2017-09-08

LES NEGRESSES VERTES: Le Grand Déballage




80年代末から90年代にかけてマノ・ネグラと並びヨーロッパで絶大な人気を博したフランスのトラッド/ロック/世界音楽ミクスチャー・バンド、ネグレス・ヴェルトのベスト盤が30年のアニバーサリーを機に仏名門ビコーズ・ミュージックから嬉しい再発!


マッシヴ・アタックやマスターズ・アット・ワークのリミックスがフロアでもヒットするなどジャンルを越え多方面で人気を博したフレンチの縮図のような飛び切りのライヴ・バンド、その魅力の全てを余すところなく収めた決定盤です。
















レ・ネグレス・ヴェルト/ル・グラン・デバラージュ

LES NEGRESSES VERTES: Le Grand Déballage
Because Music / Wordandsound


1. La Valse
2. Zobi La Mouche
3. Voilà l’Eté
4. IL
5. L’Homme Des Marais
6. Famille Heureuse
7. Face A La Mer
8. Sous Le Soleil De Bodega
9. Hou! Mamma Mia
10. Sang Et Nuit
11. Après La Pluie
12. A Quoi Bon
13. Mambo Show
14. Orane
15. Le Poète
16. Leïla
17. Hasta Llegar
18. Les Mégots
19. Easy Girls
20. I Love Paris


■ 1987年にパリで結成、ミュゼット、シャンソン、バルカン、ラテン、トラッド、ライやパンクなどをゴッタ煮した唯一無二のミクスチャー・スタイルで急浮上したネグレス・ヴェルト。


■ ネグレス・ヴェルトは、89年にアルバム・デビュー、93年にはボーカルのエルノがオーバードーズで急逝するというアクシデントがありながらも、それを乗り越え90年代を通じてコンスタントに活動を続けヨーロッパ全域で人気を博しました。


■ パンク上がりのエルノのボーカルはジョー・ストラマーにもたとえられ、バンド全体としてはフランスからのポーグスへの回答とも言われておりました。


■ いわゆる「ワールド・ミュージック」とは異なるかたちで世界音楽と伝統音楽、パンクやロックをミックスしたオルタナティヴなスタイルは、いまこそ光を浴びるべき!


■ 2002年にヴァージン・フランスからリリースされていたベスト盤の再発盤(曲目曲順は02年盤と同一です)。