2015-05-29

THE LIMIÑANAS: Down Underground




フランツ・フェルディナンド、ボビー・ギレスピーからホワイト・ストライプスまでを虜にしたフランスのサイケデリック・ガレージ・デュオ<リミニャナス>が日本上陸。


ヨレヨレなローファイ・サウンドとヒップでファンキーな60sセンス、スパイシーなエスニック・フレイバーの隠し味、シネマティックなムードとフランス語リリック。


その怪しいコンビネーションが「ゲンズブールとベック、ステレオラブ、ゴスペルとイェイェによる奇跡のクラッシュ」などと例えられ欧米メディアでカルト的な賛辞を浴びた謎のグループが仏名門ビコーズ・ミュージックから遂に世界デビュー!


フランツの『Late Night Tales』にもフックアップされた「The darkside」や『ゴシップ・ガール』挿入曲「Down underground」を含む二枚組全48曲、圧巻です。




















THE LIMIÑANAS: Down Underground
Because Music / ritmo calentito (RTMCD-1150)



"My Favourite Band... Ever" (Bobby Gillespie /Primal Scream)


◆ ザ・リミニャナスは、南仏ペルピニャン出身のライオネルとマリーのリミニャナ夫妻が2009年に始めたガレージ・デュオ。


◆ 2010年にタイ・セガールやMMOSSを送り出したシカゴの目利きレーベル、トラブル・イン・マインドからデビューを果たし、楽曲が『ゴシップ・ガール』に使われたり(CD1-②「Down underground」)、ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトとスタジオを共にしたり、主にアメリカを中心にブレイク。


◆ 2014年にはフランツ・フェルディナンドが名物「夜聴き」シリーズ『Late Night Tales』で「The darkside」(CD1-①)をカンとイアン・デューリーのあいだにフックアップ、そうそうたるトラックリストの中でぽつんとただ独り「誰コレ」状態で話題に。2015年初頭には同郷のトイ・ポップ鬼才パスカル・コムラードともコラボ作を発表、アヴァン系リスナーのあいだでも注目を集めていた。


◆ 本作は、バンドがこれまでに発表してきたセルフタイトル作(2010年1st、CD1-①~⑫)、『Crystal Anis』(2012年2nd、⑬~㉓)、『Costa Blanca』(2013年3rd、CD2-①~⑬)、『(I've Got) Trouble In Mind』(2014年シングル・未発表集⑭~)という4枚の作品を二枚組CDにまとめあげた、仏ビコーズ・ミュージックからの世界デビュー盤。


◆ どファンキーなベースラインにラーガなシタールが絡みまくるサイケ・チューンの「Tigre du Bengale」(CD1-⑥⑪)、秒速でソールドアウトしたトラブル・イン・マインドからの記念すべき初7インチ曲「Je ne suis pas très drogue」(CD1-③)の60sな感じもカッコいい!


◆ ガレージ・マナーのローファイ・サウンドにどこかモンドでモッドでフレンチ・イェイェな無国籍ムードがドッキング、サイケデリックでグルーヴィー、怪しくも踊れるクレイジーなグッド・ミュージックを満載!フランツやプライマル、ホワイト・ストライプスをもうならせたこの破天荒な音世界!一度ハマってしまうと脱出不可能!




※ 『ローリング・ストーン』日本版でご紹介いただきました!

「60年代のB級映画のサントラのような怪しいムードに包まれた、
グラマラスでサイケなガレージロック」

http://www.rollingstonejapan.com/reviews/archive/150814/


※ 『Mikiki』でご紹介いただきました!

「ガレージ・ロックをベースに60s風味混ぜた楽曲揃う編集盤」

http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/7166



















2015-05-28

【VIDEO】 Carmen Villain - Quietly




2013年にアルバム『Sleeper』でSmalltown SupersoundからデビューしたSSWカルメン・ヴィランのスロウでサイケデリックな新曲。アルバムも期待したいです。



 

2015-05-20

【余談】 Nu Yorica! - Culture Clash In New York City: Experiments In Latin Music 1970-77





コンピ・レーベルとしてのソウルジャズの名声を決定づけたモンスター・ヒット『ニューヨリカ』が発売20周年を祝してリマスタ新装リリース。


リカルド・マレーロ、ジョー・バターン、パルミエリ兄弟からオチョ、マチートまで、もう少しラテンを掘り下げてみたい、という「これから」のリスナーにピッタリな「クラシックス」を網羅した優良コンピレーションで、当時はラテンやクラブジャズ、ヒップホップ、ハウスの界隈の人まで、色々なジャンルのリスナーの方が手にしていたと記憶しております。


メルティングポットの混血ファンクなエッセンスをぎゅっと絞り取った濃密な二枚組です。


1.Charlie Palmieri - Las Negritas De Carnaval
2.Cortijo Y Su Maquina Del Tiempo - Gumbo
3.Cachao - La Trompeta Y La Flauta
4.Ricardo Marrero & The Group - Babalonia
5.Stone Alliance - Amigos
6.Joe Bataan - Latin Strut
7.Grupo Folklorico Y Experimental Nuevayorquino - Anabacoa
8.Tempo 70 - El Galleton
9.Eddie Palmieri - Un Dia Bonita


1.Eddie Palmieri - Condiciones Que Existen
2.Cortijo Y Su Maquina Del Tiempo - Carnaval
3.Ocho - Tornado
4.Bobby Vince Paunetto - Little Rico: Little Rico's Theme
5.Joe Bataan - Aftershower Funk
6.Ocho - Mamey Colorao
7.Ricardo Marrero & The Group - My Friend
8.Machito Orchestra - Macho






































2015-05-02

ANGELO NOCE SANTORO: For You





オランダの伝説的なサイケ・バンド、コズミック・ディーラーの創立メンバーで、クラブジャズ・シーンでも人気のブラジリアン・ユニット<パルメイラ>にも参加していたオランダ人ギタリスト、アンジェロ・ノーセ・サントーロが1979年に自主リリースしたブラジリアン・グルーヴィー・サイケの傑作アルバム『For You』がCD化されました(世界初)。


後のパルメイラにも通じるブラジリアン・フレイバーを感じさせつつ、サイケ&アブストラクトでフュージョン寄りのサウンドを展開した通好みな一枚です。


再発にあたりジョアン・ジルベルト「Undiú」のカバーを含むボーナストラック2曲追加収録。


これまで主にアジアン・レアグルーヴの復刻を手掛けてきた、ファインダーズ・キーパーズやサブライム・フリークエンシーズに続く注目株として人気のレーベル、ファラウェイ・サウンドからのリリース。直輸入盤、英文解説日本語対訳封入。


















ANGELO NOCE SANTORO: For You
Pharaway Sounds


01 Tapajos
02 Odessa Part 1
03 Xica
04 Theme From?
05 Raindance Part 1
06 For You
07 Arroz Cubano
08 Raindance Part 2 (BONUS TRACK)
09 Undiu (BONUS TRACK)











PALMEIRA: Palmeira




ブラジル音楽ガイド定本『ムジカロコムンド』掲載の人気盤パルメイラが6曲のボーナストラックを追加して再発。


いかにもブラジリアンな女性シンガーをフロントに据えたオランダのバンドによる1983年のレアな自主制作リリース。


カエターノ・ヴェローソ「Trilhos Urbanos」(M①)やジョアン・ジルベルト「Undiú」(M②)、エリス・レジーナからバンドア・ブラック・リオまで多くのカバーを生んだ「Na Baixa Do Sapateiro」(M③)、クレモンティーヌもカバーしたホベルト・メネスカル名曲「Telephone」(M④)ほか、ブラジル音楽ファンにはおなじみのカバーも多数。レアグルーヴやクラブジャズ方面でも人気の「Zazueira」や「Ponteio」ほかボーナストラックも豪華です。M⑭は今回初蔵出しの未発表。


これまで主にアジアン・レアグルーヴの復刻を手掛けてきた、ファインダーズ・キーパーズやサブライム・フリークエンシーズに続く注目株として人気のレーベル、ファラウェイ・サウンドからのリリース。直輸入盤、英文解説日本語対訳封入。



















PALMEIRA: Palmeira
Pharaway Sounds


01 Trilhos Urbanos
02 Undiú
03 Na Baixa Do Sapateiro
04 Telephone
05 Living In More Than One Way
06 Amanhecer
07 Mania De Você
08 Tapajos

Bonus Tracks (CD only)
09 Falsa Baiana
10 Na Baixa Do Sapateiro Part. 2
11 Ponteio
12 Zazueira
13 Você Abusou
14 Pomba










2015-05-01

KAMURAN AKKOR: Kamuran Akkor




70年代トルコのレディ・サイケ最高峰セルダをも凌ぐ独特の強烈なパンチとスパイスによりディーガー筋で人気の女性シンガーKamuran Akkorの最盛期を総括した決定的コンピがファラウェイ・サウンドから。


哀愁漂うオリエンタルなメロとコブシ、サイケデリックなワウギター、摩訶不思議なストリングスやホーンのアレンジ、グルーヴィーなオルガンや腰を直撃するソリッドなパーカッション、クンビアやレゲトンにも通じるスットコドッコイな変化球リズム…… 


M⑥「İkimiz Bir Fidanız」がワールド系リエディットの第一人者として知られるBARIS Kのリエディット・シリーズ『Istanbul 70』でフックアップされレアグルーヴやハウス・ファンのあいだでも注目を集めたトルコのエキゾ歌謡スター歌手、そのエッセンスを凝縮しまくった濃厚な編集盤です。


M⑬はドナ・ハイタワーのカバー、これ股……


ボストンの奇天烈レコ屋WEIRDOオーナーにしてファラウェイ・サウンドのフィクサーでもあるアンジェラ・ソーヤー女史による解説の日本語対訳付きでの流通です。




















KAMURAN AKKOR: Kamuran Akkor
Pharaway Sounds


01 Falcı (1975) 
02 Kabahat Seni Sevende (1972)
03 Yorgun Gözler (1972) 
04 Bilemem Bilemem (1971) 
05 Evet mi Hayır mı? (1974) 
06 İkimiz Bir Fidanız (1975) 
07 Dilo Dilo Yaylalar (1975) 
08 Doğru mu,Doğru mu (1975)
09 Kim Ne Derse Desin (1975) 
10 İn misin Cin misin (1973) 
11 Düşmanlarım Çatlasın (1972) 
12 Olur mu Dersin (1971) 
13 Dane Dane Benleri (1972)