2017-08-08

OUTRO TEMPO: ELECTRONIC AND CONTEMPORARY MUSIC FROM BRAZIL, 1978-1992




ジジ・マシン発掘で躍進した秘境音源ディグの注目新興勢力「ミュージック・フロム・メモリー」による待望の最新CDリリースは、サウダーヂ、フォークロア、スピリチュアル、プリミティヴでエレクトロ・アコースティックなヴィンテージのブラジル音源を集めた驚きの企画盤。


ブラジル音楽、電子音楽やロック、ニューエイジ、バレアリックの垣根を越えた、全く新しいリスニング体験をお約束する、まさにこのレーベルの面目躍如とも言うべき珠玉のコンピレーションです。
















OUTRO TEMPO: 
ELECTRONIC AND CONTEMPORARY MUSIC 
FROM BRAZIL, 1978-1992
Music From Memory / Rushhour / ritmo calentito (RTMCD-1274)

1. Piry Reis - O Sol Na Janela
2. Nando Carneiro - G.r.e.s. Luxo Artesanal / O Campones
3. Cinema - Sem Teto
4. Joao De Bruco E R. H. Jackson - Terra Batida ***
5. Os Mulheres Negras - So Quero Um Xodo
6. Fernando Falcao - Amanhecer Tabajara (a Alceu Valenca)
7. Anno Luz - Por Que
8. Andrea Daltro - Kiua
9. Os Mulheres Negras - Maoscolorida
10. Bene Fonteles - O M M

11. Maria Rita - Lamento Africano / Rictus ***
12. Carlinhos Santos - Giramundo
13. Bene Fonteles - Azul ***
14. Priscilla Ermel - Gestos De Equilibrio
15. Carioca - Branca
16. Marco Bosco - Sol Da Manha
17. Maria Rita - Cantico Brasileiro No. 3 (Kamaiura)
18. Marco Bosco - Madeira Ii (Mae Terra)
19. Priscilla Ermel - Corpo Do Vento
20. Luhli E Lucina - E Foi

*** アナログ未収録


◆ コンピ『Talk To The Sea』でジジ・マシン再評価の先陣を切ったオランダの発掘レーベル「ミュージック・フロム・メモリー」からの最新CD企画。


◆ 1970年代から90年代にかけてブラジルで作られた、電子音楽やコンテンポラリー・ミュージックを軸としたクロスオーバー・サウンドを、ミュージック・フロム・メモリーならではの目利きで厳選したコンピレーションです。


◆ ブラジル音楽特有のサウダーヂ感覚、よりディープでスピリチュアルな民俗音楽のエッセンス、エレクトロニクス、アコースティック、ジャズや現代音楽など、様々なエレメントをミックスした、従来のブラジリアン・ミュージックのイメージを越えたフレッシュな未知の音がたっぷり詰まったナイスな2枚組。


◆ 世界音楽や電子音楽、ロック、ニューエイジ、バレアリックの垣根を越えた、全く新しいリスニング体験をお約束する、まさにこのレーベルの面目躍如とも言うべき珠玉のセレクション。


◆ ヴァイナル未収録のボーナス・トラック3曲を追加収録。


『Mikiki』でご紹介いただきました 
☞ http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/15636

『ele-king』で「2017年のベスト・コンピ」と 
☞ http://www.ele-king.net/review/album/006062/

ミュージック・マガジン』誌でご紹介いただきました 
https://twitter.com/calentitomusic/status/941134180599001088