2017-12-25

Rumbita Buena: Rumba Funk & Flamenco Pop from the Belter & Discophon archives, 1970 - 1976




DJハーヴィーやジェームス・マーフィーをも魅了した70年代スペイン産ルンバ・ファンク&ディスコのレア曲を一網打尽にしたコンピレーション2タイトルが世界音楽名門「ファラウェイ・サウンズ」からリリースに。


こちら第一弾の『Rumbita Buena』は70年代前半から半ばにかけてのファンク曲を中心としたセレクション。


ルンビータ・ブエナ ― ベルテルとディスコフォンのルンバ・ファンク&フラメンコ・ポップ 1970 - 1976

Rumbita Buena: Rumba Funk & Flamenco Pop from the Belter & Discophon archives, 1970 - 1976
Pharaway Sounds / ritmo calentito (RTMCD-1272)

1. Rumba Tres "Rumbita, Tru, La, La"
2. Dolores Vargas “La Terremoto” "A La Pelota"
3. Rosa Morena "Quiero Cafe"
4. Lola Flores "La Bomba Gitana"
5. Chango "Kikilibu"
6. El Noi "Zorongo Rock"
7. Los Candelos "Te Estoy Amando Locamente"
8. Lola Flores y Antonio Gonzalez "Muchacho Barrigon"
9. Teresiya "El Perro de San Roque"
10. El Principe Gitano "!Ay Amor! (Jazz Gitano)"
11. Los Candelos "Bailen Mi Rumbita"
12. Chango "El Guapo"
13. La Marelu "Mora Cantaora"
14. Dolores Abril "Trinia"



◆ 強烈な飛び道具の宝庫としてディガー筋でかねてから熱視線を浴びていたスペインのご当地ファンクを、『Achilifunk』でおなじみのシーンのご意見番チャルリ・ブラウンがコンパイル。


◆ 1970年から76年にかけてレアグル人気レーベル「ベルテル」と「ディスコフォン」に残された、ルンバやジプシー、フラメンコ要素を取り込んだファンク曲の中からキラーを厳選。


◆ ファンクやレアグルーヴ、ディスコ/ハウスやリエディット、ワールド・ミュージックからマヌ・チャオ的な混血ロックのリスナーまで、様々なファンにアピールできそうなユニークなミクスチャー・サウンドを満載。


◆ アジアや中近東を中心に様々な世界音楽の発掘を手掛けてきた信頼のブランド「ファラウェイ・サウンズ」からのリリース。


◆ 企画の監修・選曲を担当したDJ、チャルリ・ブラウンによる解説英文の対訳付き。