2018-04-16

MONOLINK: Amniotic




ダンス系の名門ウルトラからデビューし、アシッド・パウリとのコラボ「The End」のフロア・ヒットで急浮上、ネクストブレイクが期待されるベルリンのプロデューサー/シンガー/ソングライター=モノリンク。


浮遊感のある耽美的なメロディック・サウンドにのせ、クールでありながらもほのかにエモーショナルな、絶妙な表情を湛えた歌を紡ぐ唯一無二のニューカマーによる満を持してのデビュー・アルバムが完成!


モノリンク/アムニオティック

MONOLINK: Amniotic
Embassy One / Wordandsound
ritmo calentito (RTMCD-1316)

01 Amniotic
02 Black Day
03 Sirens
04 Rearrange My Mind
05 Frozen
06 Father Ocean
07 Swallow
08 Take Me Home
09 Riverman
10 Return To Oz
11 Burning Sun




◆ モノリンクは、ベルリン在住のプロデューサー、シンガー/ソングライター、マルチ奏者であるステッフェン・リンクによるソロ・プロジェクト。ステッフェンはダンス系の名門レーベル「ウルトラ」からデビュー後、2015年にアシッド・パウリ(ノーツイスト)とのコラボ「The End」のフロア・ヒットで急浮上を果たしました。「The End」は2017年のバーニングマン・フェスで「Most Played Tracks」のひとつとしてチャート入りするなどいまだ現場で耳にすることもしばしば、息の長い人気曲となっています。


◆ その待望のデビュー・アルバム『Amniotic』が、ロイクソップ&ロビン、ズート・ウーマン、チューブ&バーガー、ビョークやアウスゲイルらを擁する、ミニストリー・オヴ・サウンド・ジャーマニーがリブートして出来た新興レーベルの「エンバシー」からリリースに。


◆ ティム・ヒーリーやアレックス・プレダもプレイした先行シングルの③「Siren」、メランコリックなピアノ・サウンドがさく裂したメロウ・チューンの⑤「Frozen」、哀愁あふれる⑥「Father Ocean」、ダイナミックでプログレッシヴな⑦「Swallow」、エモーショナルなスロウの⑨「Riverman」からアップテンポなエンディングの⑪「Burning Sun」まで、どの曲も耽美的・内省的でありながらメロディックでフロア映えもバツグン。


◆ シンプルな佇まいはどこか『Bodily Functions』あたりの初期ハーバートにも通じるところが。ディープ&トランシーなのにオーガニックな部分はアシッド・パウリ直結。シネマティックなムードは往年のモービーのようでもあります。様々な音やスタイルをミックスしながら、ボブ・モーゼスばりにダンス/インディ/ベッドルームの垣根を軽やかに越境!大きな可能性を秘めたネクストブレイク・アーティストです。ご注目ください!