2012-07-31

【余談】 Jacaranda Muse



パリのレコード・レーベル、
Heavenly SweetnessのアントワンがAnthony Joseph
一緒にフジロックに来ていたのですが、帰りにチョロっとだけ
東京にステイしてまして、さっき会ってきました。


彼らの次のリリースのプロモ盤をくれたのですが、
これがまた渋いですけど、しっとりと大人聴きできそうな
いい感じのジャズ番外地。


Jacaranda Museというジンバブエのバンドで、
メンバーはボーカル&サックスの人、チェロの人、
ピアノとンビラ(ジンバブエの親指ピアノ)の人、
コンガとマリンバを叩く人の四人。プロデュースを
↑ のアントワンが担当してます。


アントワン仕事なので、間違いないです。


アントワンは元々Isma'aというレーベルを、
00年代のアタマごろからやっていて、当時は
Roland BrivalとかJef Gilsonとか、レアグルーヴの
コレクター筋で需要のある旧音源希少盤のリイシューを
中心に手掛けてました。


アントワンの活動がユニークなのは、そういった昔の
音源をディグりつつ、当時のアーティストの「今」の録音も
後押しして色々とリリースしているところ。


もちろん、彼がきちんとプロデュースしてあげて、
うまくいまのリスナーにフィットするような出音へと
導いており、昔のビッグネームだけど今はグダグダ、
みたいな、ありがちな残念系には、なってません。


Isma'aのときはRoland Brivalの新録を、やってました。
そのあとビジネス・パートナーのフランクと一緒に新しく
Heavenly Sweetnessを立ち上げて今に至るわけですが、
このレーベルが最初にやっていたのも、やっぱりそういう
方向性で、「フィリー・ジャズ」というシリーズのもとに、
バイアード・ランカスターやカーン・ジャマルら、米国の
イブシ銀スピリチュアル・ジャズ・アーティストたちの新録を
リリースしてました(別会社とのジョイント仕事だったので
今の彼らのウェブでは紹介されてませんが)。


Heavenly Sweetnessではリイシュー系だとダグ・カーンの
『AL RAHMAN! CRY OF THE FLORIDIAN TROPIC SON』とか
ドン・チェリーとラティーフ・カーンの『MUSIC / SANGAM』とか、
重量盤ヴァイナルでメジャー・レーベル(ブルーノートとかUA)の
復刻を企画したり、


新録では、冒頭にも名前を挙げたフジ来日のAnthony Joseph、
Robert AaronやBlundetto(国内盤リリースされてます)等々。


新しいリリースも旧譜のリイシューも、ジャズや黒人音楽を核に
持ちながら、その外側に向けてユルーく逸脱していくようなものが
多くて、そこがHeavenly Sweetnessの特質になっていると思うの
ですが、今回のJacaranda Museというバンドも、どこか独特の
マージナル感があって、これまでこのレーベルのリリースを
チェックしてきたファンの方、特にフィリージャズのシリーズを
聞いてくださった方にオススメできる内容となってます。


アルバムのタイトルは『September Sun』で、秋口のリリース
だそうです。楽しみ。

2012-07-20

リンドストロームの新しい12"




8月にリンドストロームの新しい12"が2タイトル、
二週続けてリリースになるようです。


いずれもアルバム『Six Cups of Rebel』収録楽曲の
リミックスで、リミキサーはアリエル・ピンク、ワンオートリックス、
マーク・マグワイヤ、ラブンタグ、オーウェン・パレットとのこと。


まずお盆のころに(海外発売日は13日)に


Side A
1. Call Me Anytime
(Ariel Pink's Haunted Graffiti remix)
Side B
2. Call Me Anytime
(Oneohtrix Point Never remix) 試聴
3. De Javu
(Mark McGuire Roadchief remix) 試聴


続いてお盆明け(同20日)が


Side A
1. De Javu
(Rub N Tug remix)
Side B
2. No Release
(Owen Pallett feat Steve Kado remix)


楽しみです。

2012-07-04

【余談】 SUMMER CRISIS



間もなく<B.YRSLF>から全曲フリーダウンロードで
リリースになるコンピ『SUMMER CRISIS』


01 - @kingthing - Retrospect
02 - @Medicis & Vanshift - Minneapolis
03 - @Seapoint - Airstation CR
04 - @umba89 - Growl
05 - @Bombé - Spaces
06 - @Self Evident - Standin on the corner
07 - @Slick Shoota - Heart Broke
08 - @Mike G ™ - Dessert First
09 - @Seapoint - KFC
10 - @Toffeebeats - Marshmallow Palace
11 - @Norrit - Want U back
12 - @JOSH MΛCE - Call Me
13 - @umba89 - Spacearps (livejam)
14 - @ilishbeats - Percutronic
15 - Class Wars (aka @q p) - Bahamas

V/A - SUMMER CRISIS (teaser) - Out 24th July by B.YRSLF division


いい具合にゴッタ煮で素晴らしいと思います。


ノーマルな4/4もあれば生き急ぐフットワーク風もあれば、
まぁスタイルは様々ですが、どれもイマっぽい出音でうまく
まとまっているような気がします。


<B.YRSLF>は去年弊社でリリースしましたクドゥロ・コンピ
BAZZERK - African Digital Dance』 のコンパイラの
Jesse & CrabbeのCrabbeがやってるれーベルで、こちらも
なかなか面白いリリースが多いので、是非、ブックマーク
いただけたらと。


B.YRSLF Division : byrslf.tumblr.com // facebook.com/byrslfdivision // twitter.com/b_yrslf









暑気払いの『BAZZERK』も引き続き
宜しくお願い致します。












2012-07-03

BEAT ASSAILANT: B




ジャスティスの「D.A.N.C.E.」を思わせる激キャッチーな
「Rain or Shine」にノックアウト必至!

クレイジー・ボールドヘッドの1stアルバムに
BIG-Oやユリア嬢と共にフィーチャリングされていた、
アトランタ出身で現在はパリを拠点に活動するMCの
BEAT ASSAILANTによる最新アルバム!
















BEAT ASSAILANT: B
Discograph/6149862


TRACKLISTING

01 B
02 Justified feat. Oxmo Puccino
03 Neva Slipt Up
04 Rain or Shine
05 Made Man
06 Always Down
07 Shotgun
08 Hands Up
09 She Sees It All feat. Irfane (Outlines)
10 Killed Them with a Smile
11 Nothings Forever
12 Birds of Prey
13 Welcome to my World




◆アウトキャストはじめ多くのラップ・スターを送り出してきた聖地アトランタの出身で、何故か現在はフランスのパリを拠点に活動しているMCのBEAT ASSAILANTによる最新アルバム(4枚目)。

◆イチ早くメロウ/ジャジー・ヒップホップの気分を先取りしていた2005年の佳曲「Hard Twelve」がクラブジャズ系リスナーも巻き込んで話題となり、全く無名の新人であるにも関わらず同タイトルのデビュー・アルバムがいきなり国内盤リリースされるなどして注目されたBEAT ASSAILANT。

◆シンプルなタイトルを冠したこの最新アルバムで、BEAT ASSAILANTは、自身のトレードマークともいえるジャジーでソウルフルな感触を残しつつも、よりバック・トゥ・ルーツなストリクトリー・ヒップホップへの回帰を試みたり(M①「B」やM③「Neva Slipt Up」など)、エレクトロ以降のパーティー・ヴァイブスを取り入れてみたり(M④「Rain or Shine」やM⑦「Shotgun」)、大胆にもユーロGに接近してみたり(M⑥「Always Down」)と、多彩なプロダクションで新境地を開拓。

◆ビートを提供するのは、セラ・スー(Selah Sue)のプロデュースでプロップス急上昇中のFarhot(現在はMs Dynamiteの新作をプロデュース中だとか!)と、同じくセラ・スーのリミックスやスクリレックス「First Of The Year」のビデオ・ディレクション、Joey StarrやSefyu、Salif、113にSopranoなど、フレンチ・ヒップホップのアーティストたちへのビート提供で知られるHK Corpの面々。

◆M②「Justified」のフレンチ・ラップは、ホーカス・ポーカスへの客演等でも知られるパリのベテランOxmo Puccino。M⑨「She Sees It All」ではDJメディやNEW YOUNG PONY CLUBのリミックスで知られるOutlinesのIrfaneがマイクを握る。

◆クレイジー・ボールドヘッドとdatAのリミックスでも話題の先行シングル「Rain or Shine」がとにかくキャッチー!コーラスの感じとかモロにジャスティス「D.A.N.C.E.」系で、これはフロア受け間違いナシです!


2012-07-02

ZAPPRUDER COLLECTION #1



<ヒッピー、トロピカル&プリミティヴ>を標榜する
生搾りフレッシュな新進レーベル<ZAPPRUDER>
監修のナイス・コンピ。


<キツネあるいはドラムス以降>という感じのドキュンな
シンセポップとアーバン気分、柔らかなディスコとサーフィンUSA。


D'Austerlitz、NZCA/Lines、Young Magic、French Filmsに
Rainbow ArabiaからBretonまで、インディー・キッズたちによる
<アーバン>または<トロピカル>な今様ムードをサクっと一枚
に纏め上げてプレゼンテーションしてみせた、これまでありそうで
なかった秀逸なコンピレーションです。


V.A.:  ZAPPRUDER COLLECTION #1
7月末入荷予定

TRACKLISTING :

1. D'Austerlitz - Mr. Grey


2. NZCA / Lines - Okinawa Channels
3. Saint Michel - Katherine
4. Hooray for Earth - No Love
5. Equateur - Haunted
6. Wildcat! Wildcat! - Mr Quiche
7. Beat Connection - Silver Screen (Dreamtrak Diamond Sound)
8. Chrome Sparks - Still Sleeping (feat. Steffaloo)


9. Class Actress - Keep You
10. Rainbow Arabia - Without You
11. Sauvage – Camel
12. French Films – Pretty In Decadence


13. Breton – Electrician
14. Young Magic - Night in the Ocean


D'AusterlitzやFrench Filmsのリリースを手掛ける、英仏ジョイントの新興レーベル<ZAPPRUDER>の監修によるコンピレーション・シリーズの第一弾。


収録アーティストのリストには、D'Austerlitz、NZCA/Lines、Young Magic、French FilmsにRainbow ArabiaからBreton、Sauvageまで、すでにアルバム・リリースでもおなじみのネクストブレイク期待株がズラリ勢ぞろい。ポスト・エレクトロ/チルウェイヴ世代ならではの新たなアーバン解釈、DIYディスコ、トロピカル、トライバル、バレアリック、甘酸っぱいメロディーと飛びきりのシンセポップを空の果てまで堪能できる、グレート過ぎる編集盤です。


レーベルの看板アーティストはD'Austerlitz。トルストイ『戦争と平和』にちなんだ、というシリアスなバンド名とは裏腹に、何ともフレンドリーでメロディックなサンシャイン・ポップを奏でるパリジャン4人組です。このあとレーベルからシングル・リリースを予定しているのはフィンランドのバンド、French Films。ドラムスやストロークスを引き合いに出して喩えられたフレッシュなサーフ・サウンドは、何度聞いてもクセになりますね。


Rainbow ArabiaやNZCA / Lines、Bretonなど日本でもぼちぼちおなじみなメンツ、或いは2012年CARPARKイチオシのニューカマーYoung Magic、キツネのコンピにも楽曲がピックアップされたSauvageなどなど、ハイライトには枚挙にいとまがありませんが、センシティヴで疾走感のあるインディー・シンセポップを奏でるSaint Michel、Go! TeamやField MusicでおなじみのMemphis Industriesから間もなくワールドワイド・デビュー予定のHooray for Earth、Blackbird BlackbirdやXxyyxxへのフィーチャリングでも透明感のある素晴らしい歌声を披露していたSteffalooのボーカルをフィーチャーしたChrome Sparksほか、今後の動向が要注目のニューカマーたちも、そろってハイクオリティー。


アッパー過ぎずチル過ぎず、夏のフェスティバル・ムードを爽やかに盛り上げてくれる素晴らしい一枚です。フランスからのインポートで、7月末の入荷を予定しております。


ご期待下さい。

2012-07-01

BAHAMA SOUL CLUB: Bossa Nova Just Smells Funky Remixed




現在進行形「踊れるジャズ」のトップ・バンド、
BAHAMA SOUL CLUBのリミックス・アルバムが
リリースとなります。


DR.RUBBERFUNKやMOP MOP、SUONHOほか、
ジャズ・グルーヴを知り抜いた精鋭たちが繰り広げる、
泣く子も踊るダンサブル要素10割増しのファンキーな
再構築仕事集です。















バハマ・ソウル・クラブ/ボサノヴァ・ジャスト・スメルズ・ファンキー・リミックスド
BAHAMA SOUL CLUB: Bossa Nova Just Smells Funky Remixed
BUYU RECORDS | 2012.7.31. in stores


TRACKLIST

01 AFRO SHIGIDA feat. Kojato (suonho Spirit Of 70s Remix)


The Bahama Soul Club - Afro Shigida feat. Kojato (suonho Spirit Of 70s Rmx) by suonho

02 BOSSA BOP feat. Pat Appleton (Valique's Hop Bop Remix)
03 EXPERIENCE IN JAZZ feat. Bella Wagner (Club Des Belugas Remix)
04 TANGOSSA feat. Pat Appleton (Acusmatic Group`s Goldfingermix)
05 SERIOUS SOUL feat. John Turrell (Valique Remix)
06 JUNKIE feat. Sitzka (Quincy Jointz Remix)
07 KING'S WIG (Renegades Of Jazz Remix)
08 EXPERIENCE IN JAZZ feat. Bella Wagner (Mop Mop Remix)
09 SERIOUS SOUL feat. John Turrell (Mash & Munkee Remix)
10 AFRO SHIGIDA feat. Kojato (Quincy Jointz Remix)
11 TANGOSSA feat. Pat Appleton (Kinski's Deep Groove Remix)
12 JUNKIE feat. Sitzka (Tape Five Remix)
13 BOSSA BOP feat. Pat Appleton (Minimatic Remix)
14 BOSSA CORCOVADO feat. A Secret (Dr. Rubberfunk Remix)


●アート・ブレイキーを思わせるロゴ・ジャケもナイスなデビュー・アルバム『Rhythm is what makes jazz jazz』が大きな話題を呼んだ、ドイツを代表するダンサブル・ジャズの新鋭BAHAMA SOUL CLUB。

●ディジー・ガレスピーやブレイキーら先人たちの黒さ、太さを絶妙なタッチでしなやかに料理、現在進行形のテイスティーなジャズ・グルーヴへと落とし込む独自の手腕は、アルバム・デビューとともにすぐに多くのクラブジャズ系リスナーから支持され、JUJU ORCHESTRAやMO HORIZONSと並ぶ同地のクラブジャズ・シーンを代表するバンドとして躍進しました。

●そんなBAHAMA SOUL CLUBのセカンド・アルバム『Bossa Nova Just Smells Funky』の楽曲を、DR.RUBBERFUNKやMOP MOP、SUONHO、TAPE FIVE、RENEGADES OF JAZZらがリミックス。

●オリジナルでは、軽快なリムショットが否応なしにボッサな気分を煽り立てた、アルバムのハイライトとも言えるキラー・チューン「Afro Shigida」ですが、ダニー・ハザウェイのリエディットなどでも話題を呼んだイタリアの新鋭<SUONHO>は、ニュー・ディスコとクラブジャズ、ビートダウンのあいだをゆくような、何ともニクイ湯加減の抑えめな4つ打ちに、サラリとアレンジしてくれました(M①)。これは様々な局面にフィットしそう。

●フランス・ギャルやゲンズブールのヒップ過ぎるリワーク仕事が話題沸騰のフランス人プロデューサー<MINIMATIC>は、パット・アップルトンのボーカルをフィーチャーした「Bossa Bop」を、激烈キャッチーなスウィンギン・ジャズ・ブレイクスへと改編(M⑪)、これはフロア炎上間違いナシのキラーです。

●タイトルだけでご飯3杯はおかわりできるであろうド直球の「Bossa Corcovado」を調理してくれたのはDR. RUBBERFUNK!彼のシゴトはいつだって間違いありません!!!今回も、エンディングを飾るにふさわしいムーディーなブレイクビーツで、深夜のアーバン・モードを急加速。

●ジャズファンクの牙城<FREESTYLE>からのリリースで知られる<VALIQUE>は、SMOOVEやDR.RUBBERFUNKのトラックでもソウルフルな歌声を披露するJOHN TURRELLのボーカルをフィーチャーした「Serious Soul」(M⑤)を、ヒップホップとハウスを橋渡しするような絶妙なブレイクビーツへとリミックス。

●いずれのトラックも、原曲の生音が持つグルーヴ感を維持しながら、クラブジャズのみならず、ジャズファンク、リエディット、ユル目の4つ打ちからジャジー・ヒップホップまで、様々なスタイルと相性バツグンな真のパーティー・チューンへと仕立て上げられており、ジャンルを越えて幅広いファンへとアピールできること間違いナシ。
 
https://www.facebook.com/bahamasoulclub