2013-05-31

RAMESH: Ramesh




グーグーシュやヌーシャファリンと並ぶペルシアン歌謡の女傑
ラメーシュの究極アンソロジーがファラウェイ・サウンズから登場!


70年代USマナーのヴィンテージ・ファンクやプログレッシヴな変拍子、
映画音楽風のドラマティックなアレンジ、ユニークな味付けが施された
サイケデリックな音像、哀愁を湛えたラメーシュのホロ苦い歌唱の渦巻く
怒涛のオリエンタル・ミクスチャー!


辺境レヴェルをはるかに超越した、西アジアの砂漠と山に木霊する
不可思議なコズミック・ワンダー!


魅惑のエイジアン・ヴォイスを、この一枚で、丸かじり!



















RAMESH: Ramesh
Pharaway Sounds / ritmo calentito (RTMCD-1054)

Tracklist:

1. Nago na
2. Goftehgoye sabz
3. Zoj
4. Mondanam az bodanet
5. Roodkhoneha
6. Sharm-e boos-e
7. Afsoos
8. Aroose noghreh poosh
9. Asmaar asmaar
10. Delakam
11. Labe daryaa
12. Ghoroobaa ghashangan




ラメーシュは、ファラウェイの革命前イランのコンピ・シリーズやファインダーズ・キーパーズの『Pomegranates』にも取り上げられていた、70年代イランの人気女性歌手。グーグーシュやヌーシャファリンといった、世界的な名声を誇る同国のトップ・シンガーたちにも匹敵する人気があり、その魅力的な歌声は、世界中のペルシャ音楽愛好家たちを、長きにわたりトリコにしてきました。


1946年テヘラン生まれのラメーシュは、革命前イランの歌謡界において、「グーグーシュがマリリン・モンローだったとしたら、このラメーシュはジェーン・ラッセルであった」などとも例えられていたとか。本作は、そんな彼女の70年代の音源を、今日的なレアグルーヴやマージナル・ビーツ目線で、コンパイルして纏め上げたベスト盤になります。


ブラック・ムービー風のファンキーなワウ・ギターと灼熱のホーンによるタイトなファンク・チューンの「Nago na」(M①)、プログレッシヴなアナログ・シンセの変拍子が唸りを上げる「Goftehgoye sabz」(M②)、砂嵐のようなパーカッションとストリングスの乱打が否応なしにエキゾ・ムードを焚きつける「Zoj」(M③)、ファインダーズ・キーパーズのコンピにも取り上げられた「Sharm-e boos-e」(M⑥)などなど、いずれの楽曲も、ペルシアン・ミュージックの古き良きトラディショナルなサウンドやメロディーと、欧米から流入してきた60年代のサイケデリック・ミュージックや70年代のファンク・サウンドが絶妙なバランスでクロスした、エスニックでスパイシーなミクスチャー・グルーヴが炸裂!


70年代には大きな人気を博しながらも、革命以降はその消息も不明、オブスキュアなヴェールの向こうへと消え去ってしまったペルシャ歌謡の歌姫ラメーシュ、そのキャリアを総括した貴重なベスト盤で、イラン音楽のコアな愛好家はもとより、グローバル/グローカルなレアグルーヴ好きやディープなレコード・ディガーの方、プログレッシヴ・ロックや辺境サイケ・マニアの方まで、幅広くオススメです。

 









2013-05-28

カブサッキ来日

 


2011年の『ラック』発売時以来となる
カブサッキさんの日本ツアーが間もなくスタートします。


6月3日のピットインを皮切りに、ほぼノンストップで20日間、
全国を巡ります。お近くの会場に、是非足をお運びください。


Kabusacki Japan Tour / June 2013

6月3日(月)東京・新宿 ピットイン
w/ 内橋和久、芳垣安洋

6月4日(火)東京・下北沢 440
w/ 勝井祐二、U-zhaan、後藤まりこ

6月5日(水)東京・下北沢 440
w/ KOMA(劫魔) 勝井祐二、U-zhaan、益子樹、千住宗臣

6月6日(木)東京・代官山 晴れたら空に豆まいて
w/ 勝井祐二、七尾旅人

6月7日(金)東京・国立 地球屋 http://chikyuya.info
w/ 勝井祐二、marron、JIMANICA
 
6月8日(土)東京・荻窪 ベルベットサン www.velvetsun.jp
w/ 沢田穣治

6月9日(日)東京・下北沢 440
w/ 勝井祐二

6月9日(日)元住吉 Powers2
w/ 勝井祐二、森俊之、沼澤尚

6月11日(火)東京・原宿 mal di mare
w/ 吉田一夫、ケペル木村

6月12日(水)滋賀 酒游舘 www.shuyukan.com

6月13日(木)名古屋 得三 www.tokuzo.com
w/ 山本精一、津山篤

6月14日(金)大阪・梅田 シャングリラ www.shan-gri-la.jp 
w/ 山本精一、西滝太(PARA)、YOSHITAKE EXPE(PARA)、楯川陽二郎(BOREDOMS、他)、MAYUKo(CROSSBRED)、RIE LAMBDOLL(CROSSBRED)
 
6月15日(土)京都・木屋町 アバンギルド
w/ 山本精一、YOSHITAKE EXPE(PARA)、家口成樹(PARA)、太田泉(SUZUMEMBA)、神田剛(KOWARA、ex. AUDIO ACTIVE)、Marron(DUB MARRONICS)

6月16日(日)神戸 旧グッゲンハイム邸 www.nedogu.com
w/ Haco

6月17日(月)東京・中目黒 楽屋 http://rakuya.asia
w/ 沢田穣治、岡部洋一

6月19日(水)京都 徳正寺(四条富小路下ル)
w/ 荒木みどり、今西玲子、イガキアキコ、ムートン

6月20日(木)東京・渋谷 WWW http://www-shibuya.jp
w/ SAICOBABA feat. The floating guitar BOrchestra

6月21日(金)神戸 cafe Fish! www.cafe-fish.com
w/ SAICOBABA feat. The floating guitar BOrchestra、UA

6月22日(土)岡山 城下公会堂 www.saudade-ent.com/kokaido
w/ SAICOBABA、OLAibi、DJ K.E.I.

6月23日(日)奈良 ナイヤビンギ http://ameblo.jp/nya-binghi
w/ SAICOBABA、YOSHITAKE EXPE



http://kabusacki.blogspot.jp/













最新作『ラック』の予習もお忘れなく!





 

2013-05-16

THE THING来日




「最小のレギュラー編成で最大のエナジー放出」

昨年ネナ・チェリーとの共演でも話題を呼んだアウト・ジャズの雄
ザ・シングの来日公演いよいよ来週ですね。

21日からノンストップで千葉・東京・大阪・福岡・神戸と巡るようです。
タフ!


詳細は

http://www.norway.or.jp/news_events/culture/music/The-Thing-/



Smalltown Supersoundからのリリースなのですがこの『Mono』とかは
本人たちのサイトやライブ会場でしか買えない(一般流通していない)
ようなので、みかけたら即ご購入を…






チェリー・シングも引き続き宜しくお願い致します!













2013-05-15

BRAZUCA! - SAMBA ROCK AND BRAZILIAN GROOVE FROM THE GOLDEN YEARS (1966-1978)





グルーヴィーなブラジル産サンバ・ロックのレア音源を集めた
貴重な編集盤が、ビルド・アン・アークや数々のジャズ系再発で
知られるオランダの<キンドレッド・スピリッツ>レーベルから登場!


トリオ・モコトーやトン・ゼ-、マックス・ヂ・カストロなどともステージを
共にするサンパウロ在住のDJパウラォンのセレクトによる、


ジョルジ・ベンをきっかけとして広まった、「ボサノヴァ以降」の
一大ムーヴメントである黒いブラジリアン・グルーヴのキラー曲を
まとめあげた、これからの季節に重宝しそうなフロア受け抜群の
ナイス・コンピ!


BRAZUCA! - SAMBA ROCK AND BRAZILIAN GROOVE 
FROM THE GOLDEN YEARS (1966-1978)

ブラズーカ! - サンバ・ロックとブラジリアン・グルーヴの
黄金時代(1966-1978)

Kindred Spirits | ritmo calentito (RTMCD-1056)


TRACKLISTING

1 Marisa Rossi - Quem Vem La  
2 Arnaud Rodriguez - Turma Do Pole  
3 Elza Soares - Saltei De Banda  
4 Noriel Vilela - 16 Toneladas  
5 Toni Tornado - Sou Negro  
6 Golden Boys - Segura Na Cintura  
7 Bebeto - Mister Brown  
8 Di Melo - Pernalonga  
9 Vera Lucia - Quem Mandou  
10 Silvio Cesar - Beco Sam Saida  
11 Evinha - Esperar Pra Ver  
12 Giovana - Tatarue   





◆ 1960年代に世界を席巻したボサノヴァのムーヴメントのあと、60年代末から70年代後半にかけて、ブラジル国内で幅広い人気を博したのが、ドメスティックなブラジル音楽のリズムを基盤としつつも、アフロ色を強めながら、ファンキーでコシの強いファンクやロックの様式を取り入れた、重量感溢れるアーシーなミクスチャー・サウンドの数々でした。


◆ 1990年代の中ごろ、世界的なレアグルーヴ・ムーヴメントの流行を背景に、ブラジルのDJたちは、米国に渡りジャズのシーンを中心に活躍したブラジリアン・フュージョンのアーティストたちと共に、チン・マイアやジェルソン・キング・コンボなど、地元ブラジルの70年代の、そういったファンキーなグルーヴを持ったアーティストたちのレコードを発掘してスピン、フロアで熱狂的な支持を集めていたといいます。ブラズーカは、90年代に起こった、70年代ブラジル音楽のレアグルーヴ的な再評価のムーヴメント。


◆ 本作は、そんなブラズーカのシーンの中心的な存在で、トリオ・モコトーやトン・ゼ-、マックス・ヂ・カストロ、ウィルソン・シモニーニャら、多くの著名アーティストともステージを共にするサンパウロ在住の腕利きDJのパウラォンのセレクトによるコンピレーションです。


◆ タンバ・トリオのべベータやエルザ・ソアレス、ゴールデン・ボーイズ、ノリエル・ヴィレーラ、トニ・トルナードなどなど、サブタイトルにもある通り、60年代末から70年代後半にかけてのサンバ・ロックとグルーヴィーなブラジル音楽をDJ的な視点からピックアップ、いずれ劣らぬ即効性抜群のホット&ハイクオリティーなキラー・チューンのオンパレードです。


◆ ブラジル音楽ファンはもとより、ソウル・リスナーやダンサブルなグローバル・グルーヴを愛する全ての音楽愛好家に耳を傾けてもらいたい絶品セレクション。この夏ヘビロテ間違いナシ!